overturemonitor自動車保険の対象となる場合 

・自動車にひき逃げされた時において、保有者が明らかでない場合

・自賠責保険に加入義務があるのにその義務を怠っている自動車(無保険車)との交通事故によって死傷した場合

・自賠責保険の保険期間が経過してしまっている無保険自動車との交通事故によって死傷した場合

・自賠責保険に加入しているが、まだ保険期間が始まっていない無保険自動車との交通事故によって死傷した場合

・自賠責保険に加入する手続はしているが、保険料未納などで保険会社で責任をもっていない無保険自動車との交通事故によって死傷した場合

・構内自動車、道路上で運転しない自動車で自動車登録原簿に登録を受けない自動車との交通事故によって死傷した場合

・盗難、無断運転などで保有者に全く責任が認められない自動車との交通事故によって死傷した場合

overturemonitor自動車保険の対象とならない場合

・加害者に賠償責任が発生しない場合

・自動車の運行によって死傷したものでない場合

・被害者が自賠法第3条の他人に当たらない場合(保有者、運転者等)

・請求期間を過ぎて時効となっている場合

※自賠責保険に加入している自動車による事故の場合で、保有者及びその責任が明らかなのに損害賠償をしてくれない場合や、自賠責保険の請求手続をとってくれないからという理由において、保障事業を適用することは出来ません。

この場合には、保険会社に対して被害者請求をするか裁判所に損害賠償訴訟を起こすことになります。




Oh!軽

自動車の税金
ケイオーリンク.net
リンクベスト.com
バーンリンク.net
ベイリンク.net
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。